CHECK

通販で美味しいカニを購入したい!毛ガニのお役立ち情報を分かりやすく解説

このサイトでは通販で美味しいカニを購入したい場合に参考になる、毛ガニのお役立ち情報を分かりやすく解説しています。
これから通信販売でカニを買いたいと考えているのなら、目を通してみるのがおすすめです。
通販は口コミ評判が高いところを比較すると良いでしょう。
レビューを見れば、納得のカニを買えるお店を見分けられるかもしれません。
また、通販サイトにも美味しくかつきれいに食べるコツのヒントがあります。

通販で美味しいカニを購入したい!毛ガニのお役立ち情報を分かりやすく解説

美味しい毛ガニを購入したい人は多いのではないでしょうか。
他の種類の場合には入手可能な時期が限定されてしまうこともありますが、毛ガニは年間を通して購入することができる食材です。
ただし時期によって水揚げ場所が異なるので、通販で購入する毛ガニを探すときには注意しておくとスムーズに探せます。
丸ごとのものやむき身、フレークなど様々なタイプの毛ガニが売られているので用途に合わせてタイプを選ぶと調理しやすいです。

毛ガニのむき方やさばき方のポイント

毛ガニを美味しく食べるには、むき方・さばき方のポイントをしっかり押さえましょう。
まず冷凍庫から冷蔵庫に移して約24時間かけて解凍したら、キッチンバサミを準備して手ぶろを着用した状態で毛ガニの脚を全て切り離します。
この時カニはおしりの方から持つようにすると、前から持つより手が痛くなりません。
脚を全て切り離したら、胴体部分を裏返して腹の三角形部分である前かけをめくり、両手の親指をかけてカパッと外していきます。
この時かに味噌がこぼれやすくなるので、甲羅は下にして外すことがポイントです。
胴体部分に残っているかに味噌を甲羅に移したら、胴体の左右についているエラを切り離し、胴体を半分に切り離しましょう。
胴体部分にもかに味噌が残っているので、スプーンで取り甲羅に移しておきます。
足の付根には筒状になっており、身がギュッと詰まっているので筒から腹に向かってハサミを入れて切り分け、上下にぱかっと開きます。
脚の殻をむく時には脚先は危ないので切り落とし、脚先の細い部分は殻ごとトゲを切り取り外側をカーブに沿って身を切らないようにハサミを入れましょう。
爪部分は開いて真ん中を半分に切り開きますが、トゲが堅く痛いのでハサミで表面のトゲだけ切り落とすと作業しやすくなります。

キッチンハサミや軍手など、毛ガニを食べるときにあると便利なもの

冬になると毛ガニが販売されることも増えてきますから、実際に購入して自宅で食べたことがある人も少なくないはずです。
美味しいので何回もリピートして買いたくなってしまう人も少なくありません。
実際に自宅で食べようとしている場合は、軍手を用意しておいたほうが安心です。
毛ガニは殻の部分に毛が生えていますから、その部分が手に触れることで痒みなどを感じることがあります。
軍手をすることでそのようなリスクを減らすことができますし、強く持っても怪我をしませんから、安心して味わうことができるはずです。
キッチンハサミも用意することができれば、食べるときにカットをする場面で活用することができます。
包丁で下処理をすると危険なので、キッチンハサミを活用すると良いでしょう。
毛ガニの身を取るときに使用すると便利な商品も販売されているので、何回も自宅で食べる場合は買っておくといいかもしれません。

毛ガニの三角形になっている部分は前かけやふんどしと呼ばれる

大人からこどもまで、多くの方がカニを好物にされていることでしょう。
国内では以前は冬にしか口にできませんでしたが、昨今は冷凍保存技術が向上をしたことで年間を通して口にすることが可能です。
ズワイガニからタラバガニなど、色んな個体によって味わい方・調理方法も異なります。
毛ガニの場合は身体全体が小さいので、脚ではなく甲羅に詰まっている身と蟹味噌を食べるのが基本です。
ここでは簡単に、毛ガニの部位について解説をしていきます。
まず身体をひっくり返すと、白いお腹を見ることができます。
その真ん中にある三角形の部分は、前かけやふんどしと呼ばれるのがポイントです。
メスであればふんどしから少し紫色の卵が漏れ出ていることが確認をすることができます。
食べるときは三角形の箇所に親指を当てて、そのまま上方向に持ち上げて甲羅を剝きます。
そして味噌や身をスプーンなどで取り出して食せるわけです。
毛ガニは出汁を取るのにもおすすめです。

毛ガニを通販で選ぶときには蟹味噌がたっぷり詰まっているものがおすすめ!

毛ガニはカニの中でも特においしい特徴がありますから、特別な記念日などに食べるような人も少なくないはずです。
高価な商品でもありますから頻繁に食べることはできないので、たまに贅沢をするときに購入することで楽しむことができます。
通販でも毛ガニを購入することはできますが、実際に買う場合は蟹味噌がたっぷりと含まれている商品を選ばないといけません。
毛ガニは身が美味しい特徴がありますが、他のカニよりも蟹味噌も濃厚でおいしいので折角購入をするのであれば、そのような部分にもこだわりを持つのが大切になります。
実際に商品のページの説明などでそのことが書かれているのであれば信頼することができますから、商品を選ぶときの参考にするといいかもしれないです。
同じような値段でも商品の質に違いがあることもありますから、実際に注文するような場合は以前に注文した人の口コミなどもチェックしておくことで、どのような商品が届くのか把握しておくことができます。

毛ガニは北海道の中でも漁場で旬が異なる

毛ガニは北海道で採れるのが有名ですが、漁場によって旬が異なるのはご存じでしょうか。北海道の毛ガニの漁場は日高、厚岸、オホーツク、噴火湾の4つがメインです。
日高は12月~4月までの寒い時期に取れるものが美味しいと言われています。身が締まっているうえに、カニ味噌も濃厚でグルメの舌にぴったりの味です。 厚岸は2月~4月が旬となり、一杯800グラム以上の大ぶりの毛ガニが収穫されることでも知られています。特に大黒島周辺で採れるものは、大黒毛ガニという名のブランドカニとして高値で取引されています。
オホーツクは1月~8月頃までが旬で、美味しさでは北海道一の呼び声が高いです。栄養価の高いプランクトンで育った魚介類を餌としており、甘みが高いのが特徴です。噴火湾は6月~8月と、暑い時期にカニが収穫されます。噴火湾のミネラル豊富な魚介類を餌としているため、味わい深く名物のカニ弁当にも使用されています。カニ味噌が黄金色なのも特徴的です。

道内の毛ガニを取扱っている通販店の場合は1年中活ガニの提供も可能

毛ガニというと、北海道を代表する海産物のひとつです。日本ではオホーツク海のみでしか生息をしていないため、ほかの地域では一切水揚げをなされていません。
年間で約50万キログラムの水揚げがあり、ここから全国各地へと流通をしているわけです。以前はデパートや中央市場などの施設でしか販売されていませんでしたが、現在では産地直送を謳い文句にしたネット通販も数多く登場をしています。そのなかでも道内の毛ガニを扱っている市場などが通販店も兼ねてる場合、10月から2月の解禁時期以外でも1年中毛ガニを販売されています。その理由は、活ガニというスタイルで保存をすることも可能だからです。大半の専門店ではイケスを用意されており、生きたまた海産物を保管されています。毛ガニも例外ではなく、もみ殻などに入れておけば生息をすることが可能です。通常は12月ごろに旬を迎えるものですが、季節外でも食べたいというニーズに応えられています。

市場から直接買い付けを行っている通販店はリーズナブルな値段で鮮度が高い毛ガニを販売

新鮮でおいしい毛ガニを購入したいという場合は、市場から直接買い付けを行っている通販店がお勧めです。
なかなか北海道などを訪れて直接購入するというのは難しいですし、それでいて美味しい産地の物を食したいという時にはお取り寄せがお勧めです。毛ガニは鮮度も重要ですし、湯でてすぐの鮮度の高い物を購入したいという場合は市場とのつながりのある所から購入するのがベストです。価格帯というのもありますが、比較的リーズナブルな費用で購入出来るというのもポイントです。あまり関係のない所ですと、高くなってしまうことも有りますし間の業者をいくつか通す事でさらに値上がりが予想されます。直接買い付けを行っているお店であれば、その分途中で費用が掛かることも有りませんし、よりリーズナブルな価格帯で購入することも出来ますので要チェックです。口コミ評判であったりランキングなども参考になりますので、まずは情報をリサーチしていきましょう。

釧路産の毛ガニには水産タグが付いている

北海道では冬の味覚であるカニがたくさん水揚げされており、10月から3月の季節は道内の漁港は大変なにぎわいを見せています。いろんなカニが生息をしていますが、南東部の釧路港ではおもに毛ガニを専門に水揚げをしているのがポイントです。簡単にここで、釧路産の毛ガニのポイントを見ていくことにしましょう。
まず毛ガニとは何かというと、前身にトゲを有しているのが特徴です。脚が短くハサミも小さいので、食べられる箇所は甲羅の内部にある味噌と卵巣のみです。この一帯で水揚げされているものは水産タグが付いており、水産庁からブランド認定をされているのもポイントになります。なお水産タグとは、各個体に1つのナンバーを記載されているのがポイントです。シリアルナンバーとも称されており、その数字は各漁港でしっかりと管理をしないといけません。毛ガニの場合だと甲羅に穴を開けて取り付けるのが基本で、それ以外なら爪に付与をしているものです。

1人で1尾を食べるなら330グラムの毛ガニが目安

毛ガニは身が柔らかくて美味しいので、老若男女が好んで食べているような特徴があります。独特な味などもしませんから、苦手な人も少ないと考えられます。そのため自宅で購入して味わうような場合は、家族の分をしっかりと用意しておかないとトラブルになる可能性が高いです。一般的には330グラムの毛ガニを購入することができれば、一人で食べるには十分な量になりますから、目安として参考にしておくのが大切になります。
仮に目安よりも小ぶりな毛ガニを購入するような場合は、少し多めに買っておかないと満足感を得られない可能性が高いです。通販などで購入する場合はしっかりとグラム数などにも注目をしないといけませんから、そのような説明がされているところで購入するのが大切になります。電話などで問い合わせをすれば正確な内容で答えてくれることもありますから、そのような手間をかけることで安心して毛ガニを手に入れることができるはずです。

毛ガニに関する情報サイト
毛ガニのお役立ち情報

このサイトでは通販で美味しいカニを購入したい場合に参考になる、毛ガニのお役立ち情報を分かりやすく解説しています。これから通信販売でカニを買いたいと考えているのなら、目を通してみるのがおすすめです。通販は口コミ評判が高いところを比較すると良いでしょう。レビューを見れば、納得のカニを買えるお店を見分けられるかもしれません。また、通販サイトにも美味しくかつきれいに食べるコツのヒントがあります。

Search